HOME > 広報 > イベント情報

イベント情報の詳細

イベント名 第7回物理学教室談話会
すばる望遠鏡HSCを用いた活動銀河核探査
イベント種類 セミナー
対象 教職員向け 大学院生向け
イベント概要 【講 師】:長尾 透(愛媛大学・教授)
【概 要】:
これまでの観測的研究により、大質量銀河の中心には太陽の数十億倍もの質量を持つ巨大なブラックホールが存在することが明らかになっています。この巨大ブラックホールは母銀河と互いに影響を及ぼし合いながら進化を遂げてきたと考えられていますが、巨大ブラックホールがいつどのように質量成長を遂げてきたのか、その形成進化は未だ包括的理解が得られていません。そこで、巨大ブラックホールへのガス降着により明るく輝く天体であるクェーサーに注目し、このクェーサーの統計的性質が赤方偏移とともにどのように変遷してきたかという調査が盛んに行われてきています。
本談話会ではまず、Sloan Digital Sky Survey (SDSS) などこれまでに行われてきているクェーサー探査について概観した上で、残された未解決問題について整理します。その上で、講演者らがすばる望遠鏡の新しい超広視野主焦点カメラ Hyper Suprime Cam (HSC) を用いて行ってきているクェーサー探査について、これまでの成果および現在進行中の観測内容について紹介いたします。
開催期間 2017年12月12日 16:00〜17:00
会場 ウエスト1号館 A-701 物理セミナー室1
福岡市西区元岡744ウエスト1号館A棟2階
定員 なし
参加費 無料
申込み方法 事前申込み不要
お問い合わせ先
担当
物理学部門 宇宙物理理論 町田 真美
TEL
伊都90-4049
E-Mail
mami◎phys.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの◎を@に変更してください
住所
福岡市西区元岡744