HOME > 国際交流・留学 > 九大生向け情報 > 理学部・理学府・システム生命科学府留学支援奨学金制度 > 平成29年度 奨学金受給者報告書

平成29年度 奨学金受給者報告書

氏名 髙野 真実
学科・専攻、学年 生物学科 2年
留学先(国名) オレゴン州立大学(アメリカ)
留学期間 平成30年2月22日~平成30年3月23日

留学内容全体について

 私はOSSEPという留学プログラムに参加しました。このプログラムは一か月間アメリカのオレゴン州に滞在し、オレゴン州立大学へ行き、研究に役立つサイエンス英語を勉強するとともに理学系学科の講義体験や研究室訪問、実験施設見学などができるプログラムです。週末には学外フィールドトリップや観光などもありとても楽しかったです。普段の英語の授業では、日本での講義とは異なり自分の意見を述べたり、議論をしたりなど座って話を聞く時間よりもはるかに会話をする時間が長く、とても楽しく授業を受けることができました。理学系学科の講義では自分でどの講義をとるのか選択することができ、自分のレベルにあったものを選ぶことができました。専門用語が使われるためすべてを理解することはできませんでしたが、私の場合生物の授業を実際に受け、今まで知らなかったことを知ることができとても楽しかったと思います。また、英語の授業は同じプログラムの日本人だけなのですが他の理系の講義は実際に現地の大学に通っている生徒の人たちと一緒に授業を受けるため、日本とは異なる授業風景を体験することができました。研究室訪問では、実際に研究室の中を見て回りながらどのような実験をしているのか、どんな機械を使ってどのような方法で行っているのかなどを知ることができました。自分の専門分野以外の研究室にも行くため、普段知ることができない他の分野の研究室にも行くことができとても面白かったです。研究室訪問がこのプログラムの中で私は一番面白かったと思います。実験施設見学では、様々な研究室が一つの建物の中に入っているところを訪ねる研究室訪問とは違い、一つの建物がその研究のためだけに使われていました。今回、私たちは津波に関する実験施設などに行きました。フィールドトリップや観光ではダウンタウンやポートランドなど様々なところに行きました。自由時間もあり自分で好きなところに行くこともできたため、とても楽しかったです。大学からだと遠くて行くことができないところに連れて行ってもらえたので良かったと思います。

キャンパスの様子

他国の人たちとの交流を通じてどのような変化がありましたか?

 日本では、外国の人と話す機会があまりなかったため、留学に行って最初のころはなかなか英語で話すことができませんでしたが、親切でフレンドリーな人が多く、英語でうまく表現することができなくても言いたいことを理解してくれ、どのように表現したらよいか助言してくれたため、日がたつにつれ英語で会話をすることにためらいがなくなりました。また、大学には様々な国の人がいたため、いろいろな人の考えを聞くことができたため自分の視野が広がったように思います。

留学によって変化が見られた事項について

 大学の授業や研究室訪問などで自分の専門分野以外に触れる機会が多かったため、留学に行く前に比べ専門分野以外の知識や考え方が身についたと思います。研究をしていくうえで、やはり自分の専門分野だけではなく他の分野についても知識が必要となってくると思うので知ることができてよかったと思います。また、様々な研究室に行ったことにより自分が今まで興味がなかったことにも関心を持つことができたと思います。語学力に関しては一か月という短い間だったため、それほど伸びてはいないと思いますが、リスニング力に関しては行く前に比べ伸びたのではないかと思います。最初に行った頃は、英語で話されるスピードが速く聞き取れないことが多々あったため、会話がなかなか進まないことがありましたが、帰るころには相手が話していることをある程度理解することができたように思います。

ポートランドのレストラン

今回の留学がこれからの進路にどのように活かされますか?

 留学に行く前は、大学院にはいかずに就職をするつもりでしたが、今回の留学をとおして様々な研究室を訪問したことで、大学院に行って研究をするという選択肢も視野にいれるようになりました。アメリカの大学での研究室訪問を通して、自分がどんな研究をしていきたいのかを考えるよい機会になったと思います。また、教職をとっているので日本とは違う授業の仕方を知ることができ、将来教員になるうえでどのように授業を構成していくかの役に立ったと思います。

Farewell CeremonyでSPAと

後輩に向けて留学して良かった事、準備しておけば良かった事等について

 私は今回、初めての海外だったため不安なことも多かったですが、大学の人はみんな優しくフレンドリーだったため困ったことがあるといつも手助けをしてくれたため特に問題もなく楽しく日々を過ごすことができました。留学に行くことにより、日本では経験することができない、文化の違いや価値観の違いなどを知ることができとてもよかったと思います。また、実際に行くことにより自分がどれだけ英語を使うことができるのかということを知ることができたため今後の英語を勉強するモチベーションにもつながりました。また、実際に理系の授業を受けたり、研究室を訪問したりすることで自分の専門分野だけでなく、他の分野についても知ることができ自分の専門分野との繋がりを知ることができたのでこれから研究していくうえで知ることができてよかったと思います。準備しておけばよかったことは、やはり英語力だと思います。特に、リスニングをしっかりと身に付けておくといいのではないかと思います。自分が知っている単語などでも、実際に現地の人が話しているのを聞くと何を言っているのかわからないことがあったため、リスニング力を身に付けておくと会話がスムーズにできるのではないかと思います。