HOME > 国際交流・留学 > 九大生向け情報 > 理学部・理学府・システム生命科学府留学支援奨学金制度 > 平成29年度 奨学金受給者報告書

平成29年度 奨学金受給者報告書

氏名 森 悠一郎
学科・専攻、学年 地球惑星科学科2年
留学先(国名) オレゴン州立大学(アメリカ)
留学期間 平成30年2月22日~平成30年3月23日

留学内容全体について

 今まで海外に行ったことがなく言語面のほかに治安面や食べ物での不安がかなりありました。入国審査などでは英語もあまりうまく聞けずただただ緊張しながら話してしまい、これからどうなるのだろうとかなりナーバスになっていました。しかし実際にいろいろな人と話していくうちに英語が少しずつ聞こえるようになり自分から率先して話しかけることが出来るようにようになりました。実際今回の留学で学んできたこと、一番の収穫は英語力もそうかもしれませんが自分なりには自分から進んで話しかけることが出来るようになったことです。これまで自分は積極性があまりなく自分から質疑するなどということはしなかったのですが、海外の生徒と授業を受けて、ポスター発表に参加した際に自分から質問しなければすべて理解していると判断されるというちょっと日本で今まで受けてきたものとは異なる考え方で新鮮だと感じるとともにこれから研究などで海外に行った際にはこれらのことをしっかり考えないといけないと肝に銘じる結果となりました。普段の生活ではあまり日本と大差がなく非常に過ごしやすいものでしたが、靴を履いたまま部屋に入ったり、風呂桶がないということなど文化の違いを感じる部分もあり少しきつかった部分もあります。しかしそこであった様々なバックグラウンドを持った人や研究分野の異なる人、またアメリカ以外の外人がアメリカに来た感想をきいたりして最終週には帰る事が惜しくなるほど楽しいものとなっていました。また理系で留学する機会があれば、ぜひとも参加したいと感じるものとなり、非常にいい人生経験となりました。

バスケの試合でファンと一緒に撮った写真

他国の人たちとの交流を通じてどのような変化がありましたか?

 幸いにも優しい人が多く、初対面の人でもこちらが話しかけるとしっかり話を聞いてくれて他愛のない食べ物や音楽の好みなどの話で盛り上がることが出来ました。そんな中でも、現地で現在研究をしていた先生や生徒なりとプログラムや自分で話に行って実際にどんな研究を行っているのかを聞いてみました。すると、非常に環境保全あるいは経済活動・人間の活動(持続可能な産業)などに目を向けている人が多く企業を交えた非常に大規模な研究を行っているところが多かったように感じます。これは研究に対するイメージの違いが個人個人によってある為に何とも言えませんが、私の中の研究に対するイメージのどこかで好きなことをやって研究をしていくというものがあったため非常に大きなインパクトを受けました。

留学によって変化が見られた事項について

 とにかく論理立てをすることが大事だと感じるようになりました。研究に際しても、観察から規則を見出し、仮説を立て実証し条件を変えて先につなげるという大まかな一連の流れを英語の授業で教わり知ってはいたものの実際に教わるとそれがどんなに大切で難しいことかをかみしめました。語学に関しては多くの理学専門用語をOSSEPの授業、あるいは大学の講義、先生との会話でたくさん出てきましたが実際に使えるようにならないと意味がないのでもっと英語の文献や科学雑誌を読んだりして学習しなければと思いました。

大学内で紹介されていたEDMの演奏会

今回の留学がこれからの進路にどのように活かされますか?

 あまり今まで海外に対して治安的にもいいイメージがなく無理していかなくてもいいかなと思っていた部分がありました。しかし今回初めて海外に行ったことで人生経験という意味で大きな一歩になったと思っています。実際、今回の留学で培った英語力がそれほどあるとは思えず英語に関しては著しい伸びはないと思います。それでも周囲が英語で話されている環境も一か月という非常に短い期間でさえ慣れを感じるものです。これを基点として英語を継続して学習していくことで、将来的に海外で研究があるとなった場合に日常会話レベルでは当然、あわよくば研究について英語で語り合うなどのことが出来るのではと英語学習のモチベーションが上がりました。また自分から発言しなければ自分の得たい情報を得ることが出来ないのでどんなに緊張した場所であっても、緊張しているからこそ出来るだけしっかりと筋の通った文章なり発言をすることが大切だと実感したのでこれからの論文発表や普段の生活での会話にも役立てていきたいと思いました

大学の先生夫妻に連れて行ってもらったバー

後輩に向けて留学して良かった事、準備しておけば良かった事等について

 留学に対する意思があまりないという人は沢山おられるとは思いますが実際に行ってから考えることをお勧めします。私も行くと決める前まではあまり行きたいという思いが強くなく実際友達が行くと知ってから考え始めた程度です。留学という形で行くことは海外旅行と違いその大学内で授業を受け、様々な人の話を聞くことが出来ます。その時に会話や講演の中でちょっとでも疑問点を見つけて質問したり意見を言ったりすること機会が出来ます。これは就職あるいは研究をこれから行っていく際に非常に大切なことだと考えているのでそのような機会が持てることもあり留学を一回やっておくことはお勧めです。あと単純に食べたり旅行が好きなのでいろんなものが食べられたり、見ることが出来る点もおすすめです。