HOME > 国際交流・留学 > 九大生向け情報 > 理学部・理学府・システム生命科学府留学支援奨学金制度 > 平成28年度 奨学金受給者報告書

平成28年度 奨学金受給者報告書

氏名 浅田 風帆
学科・専攻、学年 化学科 3年
留学先(国名) サンノゼ州立大学(アメリカ)
留学期間 平成28年8月27日~平成28年9月26日

留学内容全体について

 私はSVEPという英語とアントレプレナーシップを学ぶプログラムに参加しました。自分とほかの九大生1人か2人でホームステイを行います。サンノゼ州立大学に通い、英語の授業を受けるとともにシリコンバレーで活躍されている主に日本の方々から話を伺ったり、有名な企業を訪れたりします。まず英語力について。私は海外に行くのが初めてだったので、周りの人が話す言葉が日本語ではない状況にまず戸惑いました。ホストファミリーとの会話も自分の拙い英語で行いました。しかし彼らはしっかりと私たちの話に耳を傾けてくれ、理解してくれようとしてくれました。コミュニケーションの本質を見た気がします。私はたくさんの人と出会えたことがこの留学で得た一番の財産だと思います。シリコンバレーの人々は夢を持っています。そして、それが本当に叶うと信じて疑わないのです。私はどこかで無理だとか、あきらめ癖があったので、並外れた夢を持つ彼らが夢を信じてそして叶えることを見て、まだまだ自分もやれるのだと強く思い、帰国後に実際に前だったらためらって結局やらなかっただろうことに挑戦できるようになりました。

他国の人たちとの交流を通じてどのような変化がありましたか?

 やはり言葉が違うというのはものの考え方が違っているのだなと思いました。言葉は世界をどう切り取るかだという話を聞いたことがありますが、本当にその通りだと思いました。アメリカにあって日本にない言葉、それはその考え方が日本にはないということで、もちろん逆もしかりです。そしてアメリカではしっかりと自分の宗教を信仰している人が多かったのも印象に残っています。私のホームステイ先はクリスチャンで、週末に教会のメンバーと行くキャンプに参加したのは特定の宗教をもたない私にとって特別な体験でした。

留学によって変化が見られた事項について

 語学力は特に英語の授業で発音をしっかりやったのがよかったです。今まで学校の授業で発音をしっかりやった経験が私にはありませんでした。発音は大学入試でセンター試験の選択肢付きの問題で問われる程度ですから、しっかりと自分が発音できなくてもあまり問題はありませんでした。だから、英語の授業でネイティブの先生少人数制でしっかり教えていただけたのは良かったし、発音が前より断然できるようになりました。

今回の留学がこれからの進路にどのように活かされますか?

 留学前後で視野の大きさが大きく変わりました。留学前は、広くてもせいぜい日本規模でしたが、留学後は世界規模にワンステージ上がったなと思います。特に私は理学部化学科の学生である以上、研究は世界を相手にしていかなければなりません。海外に一度行ってみて、日本と違う空気を直に吸うことで、海外というのを明確にイメージできるようになりました。これは自分が今から研究を行っていくうえで大きな糧になると思います。

後輩に向けて留学して良かった事、準備しておけば良かった事等について

 留学は本当にしてよかったと思います。留学前後での自分は大きく変わりました。人が大きく変わるきっかけはやはり人との出会いだと思います。もちろん日本にいる人との出会いがあなたにとっていいものになることはたくさんあります。しかしアメリカで、特にシリコンバレーで働く人の話を直接聞けたことで私は大きく勇気と夢をもらいました。いろいろと挑戦してみたくなりました。行くか行かないか迷っていたなら、ぜひ一歩踏み出してはいかがでしょうか!