HOME > 国際交流・留学 > 九大生向け情報 > 理学部・理学府・システム生命科学府留学支援奨学金制度 > 平成28年度 奨学金受給者報告書

平成28年度 奨学金受給者報告書

氏名 山室 杏子
学科・専攻、学年 化学科 3年
留学先(国名) サンノゼ州立大学(アメリカ)
留学期間 平成28年8月27日~平成28年9月26日

留学内容全体について

 今回私は、SVEPという留学プログラムに一か月間参加した。これは九州大学国際部とカリフォルニアオフィスが企画・運営している留学プログラムで、SVEPとはSilicon Valley English/Entrepreneurship Program の略である。起業家精神あふれるシリコンバレーで開催され、質の高い英語研修とアントレプレナーシップ研修を同時に受講できる。毎週月曜日から木曜日の午前中はサンノゼ大学で本場のアメリカ英語を学んだ。授業の科目は全部で四つ。Discussion Skills & Practice、Discussion/Current Event、Accent training、Effective Presentations である。発音や抑揚のつけ方を練習するための長文音読、英語でのより効果的なプレゼン練習や日常生活でも使う受け答えの会話練習など、様々な実践的な学習をした。午後はSpecial lectureがあり、シリコンバレーで成功している起業家の方々のお話を聞いた。そして毎週金曜日はField tripがあり、様々な企業を訪問したり、スタンフォード大学に行ったりと、大学の外でシリコンバレーを肌に感じることが出来た。他にも、様々なプログラムがあり毎日が勉強であった。また、ホームステイ先のホストファミリーとは毎日接する機会があり、とても有意義な日々を過ごすことが出来た。

他国の人たちとの交流を通じてどのような変化がありましたか?

 漠然とあったアメリカ人へのイメージが実際に関わることにより、より明確なものになった。おおらかで器が広く、絶対的に自分に自信がある。基本的にあっけらかんとしている。日本人が見習うべきポイントが沢山あるなと感じた。そして一番目についたのが、多国籍社会であるということ。そのおかげなのか、アメリカの人は見た目で人を判断したりしない。みんなにフレンドリーである。私もそんな人間になりたいと深く思った。もっと積極的に生きていきたい。

留学によって変化が見られた事項について

 語学力に関しては、確実に留学前と比べてアップした。特に聞き取る力がついたと思う。最初は相槌をうつことしか出来なかったが、徐々に会話が出来るようになった。専門分野に関しては、学部卒で就職するつもりだったが、大学院まで行くことを決めた。専門を学びながらT字型人間になるために専門以外の分野についても積極的に学んでいきたい。

今回の留学がこれからの進路にどのように活かされますか?

 必ずしも大企業、必ずしも日本で就職することが正義ではなく、シリコンバレーのベンチャー企業に就職する選択肢などもあるということがわかり、視野が大きく広がった。安定志向ではなく、常に挑戦する気持ちを心にとめておきたい。そして、どの分野どの世界にいっても必ず英語は重要になるので、もっともっと英語を学びたい。

後輩に向けて留学して良かった事、準備しておけば良かった事等について

 良かった事は沢山あるが、特に私が良かったと感じたのは、自分や日本の小ささに気づけること。私たちはまさに、井の中の蛙である。視野を広く、今自分が生活している社会だけが全てではないのだ。また、多国籍社会で、様々文化や人に触れられたことも大きな収穫であった。準備しておけば良かった事は、やはり英語の学習である。話す機会は沢山あるが、思ったことを伝えられないということにならないよう、英語の学習は是非準備していってほしい。