HOME > 国際交流・留学 > 九大生向け情報 > 理学部・理学府・システム生命科学府留学支援奨学金制度 > 平成28年度 奨学金受給者報告書

平成28年度 奨学金受給者報告書

氏名 土居内 大樹
学科・専攻、学年 化学科 3年
留学先(国名) サンノゼ州立大学(アメリカ)
留学期間 平成28年8月27日~平成28年9月26日

留学内容全体について

 私が参加したSVEP(シリコンバレー英語研修プログラム)は、九州大学国際部とカリフォルニアオフィスが企画・運営するプログラムで、様々な人種の人々が集まりイノベーションの最先端であるシリコンバレーで4週間の英語研修とアントレプレナーシップ(企業家精神)研修を受講するプログラムです。今年で10年目であり、今年は九州大学・大学院から約40人が参加しました。

 英語研修は、サンノゼ州立大学の教室を借りて、九州大学の学生のためだけに特別に編成された英語の授業をサンノゼ州立大学の英語講師に学ぶことができます。授業は、レベル別に編成された1クラス十数人のクラスで行われ、生徒が授業に積極的に参加するような対話型の授業スタイルです。発音やアクセント、ディスカッション、ディベート、プレゼンテーションなど九州大学の普段の英語の授業では受けられないような授業が受けられます。アントレプレナーシップ研修では、シリコンバレーで活躍する企業家やベンチャーキャピタリストによる特別講義や、イノベーションを事業化しようとしている企業やスタートアップの企業へのフィールドトリップを行いました。また、サンノゼ周辺の家庭にホームステイをし、サンノゼ州立大学の学生との交流プログラムにも参加しました。

他国の人たちとの交流を通じてどのような変化がありましたか?

 日本では、あまり外国の人と会う機会がなく、機会があっても自分から話しに行こうとすることはなかったので、ほとんど外国人と話すことはありませんでした。アメリカに行って、初めのうちは英語で話すことをためらっていましたが、様々な人と交流していく中で英語を話すことに対する抵抗がなくなりました。私が関わった人はみんな親切でフレンドリーだったので、うまく英語で表現できなくてもなんとかこっちが言いたいことをくみ取ろうとしてくれたり、一つ質問したらどんどん話を続けてくれたりしてくれたので、とても話しやすかったです。

 また、日本人に比べてアメリカの人は自分の意見や自分の将来に対するビジョンを持っているので、留学を通じて、私は自分の意見を持ったり自分の将来について真剣に考えたりするよう意識するようになりました。

留学によって変化が見られた事項について

 まず、英語力については、飛躍的に伸びたような実感はないのですが、先に述べたように、いろいろな人と交流していく中で英語を話すことに対する苦手意識は無くなったように感じます。また、授業では、今までに行ってこなかったディベートやプレゼンテーションの授業があり、これらの能力は十分に向上したと思います。

 次に、専門分野についてですが、フィールドトリップや特別講義を受けて、自分の得意な部分を伸ばすことの重要性を教わったので、専門分野を学ぶことに対するモチベーションがさらに高くなりました。それに加えて、これからの世界では自分の専門分野だけにとどまらず、いろいろな分野の融合がイノベーションには必要であるという話を聞いて、幅広く学問を学ぶことの重要性を実感しました。

今回の留学がこれからの進路にどのように活かされますか?

 私は、今まで自分の進路についてあまり深く考えていませんでした。みんなに合わせてなんとなく大学院に進んで、それなりの企業に就職できたらいいかなという考え方でした。しかし、フィールドトリップや特別講義でいろいろな人に話を聞いて、留学中にいろいろな外国人と話して、またほかのSVEPの参加者と話して、自分が自分の将来にいかに無関心だったかということに気づかされました。また、今まで海外で研究したり働いたりすることは全く考えていなかったのですが、今回初めて海外に行って、海外で一度暮らしてみるのも選択肢としてアリかなと思うようになりました。今はまだ答えが出ていないのですが、まずは自分が将来何をしたいのかそのためにはどのような進路を選ぶべきなのかについてしっかり考えていこうと思います。

後輩に向けて留学して良かった事、準備しておけば良かった事等について

 私は今回初めて海外に出たのですが、海外はもちろん日本と全く違うので、新しい考え方に出会ったり今まで気づかなかったことに気づいたり様々な体験ができると思います。私は今回留学して、もっと早く留学しとけば良かったなと思ったので、できるだけ早いうちに留学することをお勧めします。もちろん、遅いからだめだというわけではありません。私は、アメリカで、何歳になっても新しいことにチャレンジすることの重要さを学びました。海外に興味がある方、英語を話すことへの抵抗をなくしたい方、自分を変えたいと思っている方、自分の将来の目標がなく困っている方は、短期間でもいいので一度留学してみてはどうでしょうか。

 最後に、留学して英語力を伸ばしたいと思うなら、単語力はつけてから行った方がいいと思います。私は、ボキャブラリーが少なすぎて自分の言いたいことを英語で表現するのが大変でした。