HOME > 国際交流・留学 > 九大生向け情報 > 理学部・理学府・システム生命科学府留学支援奨学金制度 > 平成28年度 奨学金受給者報告書

平成28年度 奨学金受給者報告書

氏名 大園 咲奈
学科・専攻、学年 地球惑星科学科 1年
留学先(国名) サンノゼ州立大学(アメリカ)
留学期間 平成28年8月27日~平成28年9月26日

留学内容全体について

 初めての留学でしたが、私が想像していた以上に大変多くのことに触れ、大きなものを得ることができたなと感じています。文化も気候も建物も言語も日本とは全然違う環境に置かれて、非常に多くの刺激や衝撃を受けました。そんな中でも、私が得られた一番大きなものと感じるものは、人との出会いです。現地で交流した様々な人種の人々、企業家の方々、ともにSVEPのプログラムに参加した九大生達。留学が終わった後もともに高めあえるかけがえのない九大の仲間たちと、ともに思い出を築き上げた国境を超えた仲間との、素晴らしい出会いがありました。彼らのおかげで今、もっと彼らの話していることが分かるようになりたい、もっと自分の思っていることを英語で表現できるようになりたいという、今まで感じたことのないような大きなやる気と、その為なら何でもできるという自信であふれています。また必ず、何らかの形でアメリカに戻って活動したいという大きな目標と、実感を通して得られたモチベーションは、実際にシリコンバレー現地の空気に触れて初めて得られる、非常に貴重なものだと感じました。

他国の人たちとの交流を通じてどのような変化がありましたか?

 非常にユニークな趣味や考えを持った人が多く、話をきくことが面白かったです。フレンドリーな人が多いのですぐに仲良くなれますし、本当の友達だと思える海外の人に出会えたのは初めてで、日本では知りえないだろうと思えるような世界の話や価値観にふれて、多くの刺激を得ることができました。またシリコンバレーは非常に多くの国の人が集まっている地域なので、世界で一番たくさんの種類の出会いに触れられる地域なのではないかと実際に行ってみて感じました。また本当の友達だと思える多言語人にであって一番強く思ったことは、言っていることをもっと深く理解できるようになりたい、思っていることをそのままのニュアンスで表現できないことがもどかしい、言葉のニュアンスや雰囲気をそのままとらえたいということです。次アメリカに行く機会まで、また次現地で出会った彼らに会うときまでに、絶対に思っていることを英語を完全にコントロールして表現できるようになってやろうという気持ちでいっぱいです。

留学によって変化が見られた事項について

 帰国後初めて英語圏の知り合いと会話を交わして気づきましたが、行く前に比べて積極性が何倍にもましました。留学中に毎日行っていたようにすらすら会話することができますし、何よりも英語をつかってもっといろんな人とつながりたいという気持ちが何倍にも増したということが大きいのではないかと思います。また、現地では国内では触れられないスラングな表現に多く触れて、大変興味を持ちましたしインスピレーションを受けました。語学力としては聞き取り能力や積極性は大きく増しましたが、最も大切なことは、今回得られたこのとてつもなく大きな英語に対するモチベーションなのではないかと思います。

今回の留学がこれからの進路にどのように活かされますか?

 入学当初から考えていたアメリカの大学院に行くという進路に進む決心をしました。そのために必要なことや大切なことについて多くの人にお話をきくことができました。準備に時間がかかる進路であることを実感し、1年生のこの時期に知ることができて非常に良かったなと感じています。

後輩に向けて留学して良かった事、準備しておけば良かった事等について

 もともと私にはアメリカの航空宇宙局で将来働くという目標があり、またイノベーションが盛んだと有名なシリコンバレーに非常に興味があったため参加しました。アメリカや世界に興味のある人、アクティブラーナーになりたいと少しでも思っている人は、参加して本当によかったと思える体験です。絶対に話にきく以上に素晴らしい思い出と経験を得られる、自分を成長させてくれる貴重な機会です。また準備しておけばよかったと思ったことは自分が行く地域や会う予定の人について、留学前に日本でもっと調べておくことです。留学中は思った以上に忙しく、国内での事前準備が大切だなと感じました。