HOME > 国際交流・留学 > 九大生向け情報 > 理学部・理学府・システム生命科学府留学支援奨学金制度 > 平成28年度 奨学金受給者報告書

平成28年度 奨学金受給者報告書

氏名 林 萌英
学科・専攻、学年 地球惑星科学科 1年
留学先(国名) サンノゼ州立大学(アメリカ)
留学期間 平成28年8月27日~平成28年9月26日

留学内容全体について

 私はSVEPという留学プログラムに参加しました。このプログラムは一か月間アメリカのサンノゼに滞在し、サンノゼ州立大学で発音やディスカッション、プレゼンテーションの授業を受けたり現地の学生と交流したりサンノゼに住む方の家にホームステイしたりすることで英語力を高めるとともに起業家精神あふれるシリコンバレーの第一線で活躍するエンジニア、起業家、ベンチャーキャピタリスト等による特別講義を受けたり世界規模の企業やイノベーションを事業化しようとしている企業を訪れることでアントレプレナーシップについて学ぶプログラムです。私は留学前アントレプレナーシップに特に興味があったというわけではなくただ単に語学力を伸ばそうと思っていてなんとなくこのプログラムを選んだのですが、今振り返ってみるとただの語学留学より得るものはとても大きく、このプログラムを選んでよかったと思います。正直に言うと予想していたほど語学力は伸びなかったですが、自分の思ったことをうまく伝えられない悔しさを実感して今まで以上に英語の勉強を頑張らなくてはならないと思うようになりました。また、アメリカで出会った人たちだけでなく同じプログラムに参加した人たちにも刺激をもらいました。私が参加したプログラムには学年は学部一年から大学院一年まで、学部も様々なところから集まっていて自分とは異なる価値観を知ることができました。留学に参加したメンバーは意識が高い人が多く同じ一年生でも将来をはっきりと見据えている人が多かったです。

他国の人たちとの交流を通じてどのような変化がありましたか?

 最も変化した点は自分自身や自分がしていること(学んでいることや趣味などなんでも)について自信が持てるようになったところです。日本人はあまり大きな夢を持つことやそれを人に話すことを恥づかしいと思う人が多いですが、アメリカの人はどんなことを言ってもその考えを尊重してくれて、「すごいね、もっと話を聞かせてよ」と言ってくれるので夢を語ることができます。また、アメリカにいる人々自身も日本の大学生では考えられないような大きな夢をもっていたり世界を変えるんだと本気で思っている人もいて自分もやりたいことをとことん突き詰めて夢をかなえようと思えるようになりました。

留学によって変化が見られた事項について

 留学を通して変化したところは、積極的に英語を話すことができるようになった点と人の前で話すことに抵抗が無くなった点です。留学に行く前は言いたいことがあってもなかなか英語で言う勇気がなく黙ってしまうことが多かったですが、留学中は人と話すときも授業中も意見を求められることが多くうまく話せなくても取りあえず伝えてみようと思えるようになりました。また、海外では黙っていると相手にされなくなってしまうこともありそれが悔しくて話すように努力したことも理由の一つだと思います。授業では意見を述べるディスカッションだけでなく短い時間のプレゼンテーションをすることも多く、英語でのプレゼンテーションに限らず人前で話すということに慣れることができたしどうすればうまく伝えられるかということを知ることができました。

今回の留学がこれからの進路にどのように活かされますか?

 まず、私は将来アメリカで研究職につきたいと思っているので今回身に着けた語学力を生かせるのではないかと思います。また、フィールドトリップでアメリカの様々な会社を訪れたりそこで働く人のお話を聞く中でアメリカで働くとはどういうことなのか、日本とはどう違うのか、大学生のうちに何をすべきなのかということについて生の声を聴くことができたので今回聞いたいろんな方のお話をもとにより具体的に自分の将来を考えられるようになりました。

後輩に向けて留学して良かった事、準備しておけば良かった事等について

 準備しておけばよかったことは、よく言われることですが日本のことについてよく知っておくことです。~について日本ではどうなの?とか日本では~があるって聞いたんだけど詳しく教えてなど聞かれることがあるのでそういったときに黙ることがないように少しでも知識を持っておくべきだと思います。あと、日本のアニメや世界で活躍する歌手など会話が盛り上がるような話題を1つ用意しておくと留学した時に友達を作りやすいんではないかなと思います。

 留学してよかったことはこれまでの質問でも書きましたが、いろんな人と出会えることです。具体的に言うと、日本ではあまり見られないようなゲイやタトゥーをした人などもいて初めは驚くかもしれないけど話してみるとみんないい人で今までそういった人に対して抱いていた偏見が無くなりました。