理学研究院ニュース

ホーム > 理学研究院ニュース > 平成26年11月18日(火)

 佐藤准教授が光の任意の偏光状態を磁性体に書き込み・読み出すことに成功しました。
平成26年11月18日(火)
 九州大学大学院理学研究院の佐藤琢哉准教授と東京大学生産技術研究所の志村 努教授、飯田隆吾博士(研究当時大学院生)は、フリードリッヒ・アレクサンダー大学エアランゲン・ニュルンベルグ(ドイツ)の樋口卓也博士、チューリッヒ工科大学(スイス)のマンフレッド・フィービッヒ教授と共同で、光パルスの任意の偏光状態を磁性体の磁化振動モードとして転写し、それらを情報媒体として書き込むことに成功しました。また、時間的に遅れて照射された別の光パルスを用いて磁化振動モードを読み取り、元の偏光状態の情報を失うことなく読み出すことに成功しました。この成果は、光が持つ偏光自由度を用いた多重度・偏光メモリーの研究開発につながることが期待されます。
 本研究成果は、2014年11月17日16時(英国時間)に、英国科学雑誌「Nature Photonics」のオンライン版に掲載されました。
※本件についての詳細およびお問い合わせ先は以下の九州大学プレスリリースをご覧ください。
関連先リンク
 ・プレスリリース(九州大学:PDF)
 ・光物性研究室
→これまでのニュース一覧

▲ トップにもどる

※掲載されている内容の無断転載を禁じます。