理学研究院ニュース

ホーム > 理学研究院ニュース > 平成26年9月11日(木)

  大西助教らの研究グループが超伝導体はスピン流に対して絶縁体となることを明らかにしました。
平成26年9月11日(木)
 九州大学大学院理学研究院/量子ナノスピン物性研究センターの大西紘平助教、木村崇主幹教授、及び理学府の小野雄馬氏(修士1年)らの研究グループは、発熱を最小限に抑えたスピン流生成法を開発し、同技術を超伝導体へのスピン注入実験に適用することで、電流にとっては完全導体である超伝導体が、スピン流にとっては絶縁体となることを実験的に明らかにしました。これらの結果は、今後、超伝導体を用いた新たなスピンデバイスの開発へつながると期待されます。
 本研究成果は Nature 姉妹誌のオンラインジャーナル『Scientific Reports』に掲載されました。
※本件についての詳細およびお問い合わせ先は以下の九州大学プレスリリースをご覧ください。
関連先リンク
 ・プレスリリース(九州大学:PDF)
 ・固体電子物性研究室
 ・量子ナノスピン物性研究センター
→これまでのニュース一覧

▲ トップにもどる

※掲載されている内容の無断転載を禁じます。