理学研究院ニュース

ホーム > 理学研究院ニュース > 平成24年9月26日(水)

 「LHC実験にて新粒子(ヒッグス粒子?)発見」講演会が開催されます。
平成24年9月26日(水)
 平成24年9月29日(土)に、一般の方を対象とした講演会「LHC実験にて新粒子(ヒッグス粒子?)発見」が開催されます。
 九州大学からは、大学院理学研究院物理学部門の川越 清以 教授が講師として参加します。
 事前登録は不要ですので、お気軽にご来場ください。
講演会概要
項目 内容
講演会名 一般向け講演会「LHC実験にて新粒子(ヒッグス粒子?)発見」
日時 平成24年9月29日(土) 14:00〜
会場 九州大学 箱崎キャンパス 旧工学部本館第1会議室
(地下鉄箱崎線箱崎九大前駅より徒歩5分)
>>会場をGoogle Mapで表示
講師(予定) 川越 清以 (九州大学)
戸本 誠 (名古屋大学)
花垣 和則 (大阪大学)
蔵重 久弥 (神戸大学)
山崎 祐司 (神戸大学)
定員 150名 (参加登録不要、先着順)
内容 スイス・ジュネーブのCERN研究所で行われているLHC実験で、ヒッグス粒子と見られる新しい粒子を発見しました。この講演会では、実験に参加している各大学の研究者が、この新粒子をどう探したか、そしてこの発見によってどのような研究がひらけるかをわかりやすくお話しします。また、第2部として質問のコーナーやおしゃべり会をたっぷりとる予定です。
お問い合わせ先 E-mail:
パンフレット >>案内パンフレットのダウンロード(PDF)
関連先リンク
 素粒子実験研究室
→これまでのニュース一覧

▲ トップにもどる

※掲載されている内容の無断転載を禁じます。