理学研究院ニュース

ホーム > 理学研究院ニュース > 平成24年7月6日(金)

 川越教授らが参加する国際研究チームがヒッグス粒子とみられる新しい粒子を発見しました。
平成24年7月6日(金)
 大学院理学研究院 物理学部門の川越清以 教授、東城順治 准教授、織田勧 助教が参加する国際研究チーム「アトラス(ATLAS)」は、欧州合同原子核実験所(CERN)で行われている加速器を使った実験で、ヒッグス粒子とみられる新しい素粒子を発見しました。
 今回の発見は2012年7月5日(木)の各紙朝刊の1面を飾り、西日本新聞朝刊には「ヒッグス粒子 ほぼ発見」というタイトルで川越教授のコメント付きの記事が掲載されました。
 川越教授らの国際研究チームは、全長約27Kmにもおよぶ大型ハドロン衝突型加速器(LHC)で光速近くにまで加速した陽子同士を正面衝突させる実験により、新しい素粒子を発見しました。この素粒子が発生する確率はかなり低いため、膨大な回数の陽子衝突の実験を重ね、新しい粒子が存在する確率を99.99998%とするデータを得ることに成功しました。
 今後はさらに実験のデータを集めて、発見された新しい粒子がヒッグス粒子であるかの結論が年内にも出される予定です。ヒッグス粒子が発見されれば、素粒子物理学の基礎理論とされる「標準模型」を構築する17個の素粒子の中で最後の素粒子が発見されたことになり、宇宙誕生の謎を解明する手がかりとなることが期待されます。
国際研究チーム「アトラス(ATLAS)」に参加している九州大学の研究者
 川越 清以 (大学院理学研究院 物理学部門 教授)
 東城 順治 (大学院理学研究院 物理学部門 准教授)
 織田 勧 (大学院理学研究院 物理学部門 助教)
関連先リンク
 ・素粒子実験研究室 (九州大学)
 ・LHCアトラス実験
 ・LHCアトラス実験オフィシャルブログ
→これまでのニュース一覧

▲ トップにもどる

※掲載されている内容の無断転載を禁じます。