理学研究院ニュース

ホーム > 理学研究院ニュース > 平成23年8月29日(月)

 はやぶさ試料研究に九州大学も貢献しました。
平成23年8月29日(月)
 2011年8月26日、米国「サイエンス」誌に「はやぶさ」探査機の持ち帰った小惑星「イトカワ」由来試料の初期分析結果が掲載されました(Science 26 August 3011: Vol. 333, no. 6046)
はやぶさ試料の分析を行った奈良岡教授(左) 岡崎助教(中央) 島田技術専門職員(右) 九州大学大学院理学研究院地球惑星科学部門所属の岡崎隆司助教、北島富美雄助教、奈良岡浩教授は、「はやぶさ」初期分析チーム(HASPET)のメンバーとして、「はやぶさ」試料の分析に携わりました[リンク1]。とくに岡崎助教は「はやぶさ試料」キュレーション作業に2008年より携わり、微粒子をハンドリング・同定する困難な仕事にも参加してきました。
はやぶさの試料分析に用いられた走査型電子顕微鏡 岡崎助教は希ガス同位体分析(Science に掲載(東大・長尾敬介教授らとの共著):論文内容説明は[リンク2])、北島助教は高分子有機物質分析(研究内容説明は[リンク3])、奈良岡教授(および薬学研究院、浜瀬健司准教授[リンク4])は有機化合物分析(Geochemical Journal に投稿中、研究内容説明は[リンク5])、を行いました。
 九州大学理学部地球惑星科学科の微小領域化学分析システム(JEOL JSM-7001F FE-SEMおよびJEOL JXA-8530F FE-EPMA:平成22年度設置)は、岩石試料の微細な組織観察および元素の定量分析を行うための最新の設備です。この装置は、島田和彦技術専門職員の協力のもと、「はやぶさ」試料分析(Science 26 August 3011: Vol. 333, no. 6046, pp. 1113-1116. 東北大・中村智樹准教授ら)に大きく貢献しました。
はやぶさ試料分析専用の容器を製作した山之内技術専門職員 また、九州大学理学部附属工場においては、山之内真司技術専門職員により「はやぶさ」試料有機物分析(奈良岡教授、北島助教)専用の容器を製作していただきました。
 これらの研究活動は九州大学と宇宙航空研究開発機構(JAXA)との連携協力協定のもとに行われました[リンク6]。また、これらの「はやぶさ」試料の研究は、今後、より詳細な分析へと進められていきます。さらに、今回の「はやぶさ」計画で培われた経験は「はやぶさ2」へと引き継がれていきます[リンク7]。
関連先リンク
 JAXA:
 ・はやぶさカプセル内の微粒子の初期分析の開始について[リンク1]
 ・はやぶさ2プロジェクト[リンク7]
 九州大学:
 ・はやぶさが持ち帰った小惑星の微粒子を分析[リンク2]
  (PDFファイル:1.5MB)
 ・有機宇宙地球化学研究室研究内容(北島助教)[リンク3]
 ・薬学研究院 医療薬科学専攻 生体分析化学分野研究室[リンク4]
 ・有機宇宙地球化学研究室研究内容(奈良岡教授)[リンク5]
 ・JAXAと連携協力協定を締結[リンク6]
→これまでのニュース一覧

▲ トップにもどる

※掲載されている内容の無断転載を禁じます。