2007年8月8日(水)、昨年度と同じような猛暑の中、平成19年度九州大学説明会が箱崎地区で行われました。
  理学部では、物理学科、化学科、地球惑星科学科、数学科、生物学科の5学科それぞれの主催で、学科紹介の講演会、研究内容のポスター展示、研究室・実験室見学などを行いました。今回は昨年と比べて参加者が大変多く、説明会の会場に入りきれないほどでした。
  どの学科も、高校生たちにアピールすべく、工夫を凝らした企画を行っていました。多くの高校生が興味深そうに講演を聴き、大学院生たちから熱心に研究の解説を受けていました。
  ここでは、説明会の様子を写真で紹介します。
平成19年8月8日(水)
物理学科の説明会
物理学科のポスター展示
ポスターが多数展示されていました
大学院生の熱心な説明に耳を傾けていました
低温センターでの実験
液体窒素で植物を凍らせました
原子核実験室の見学
タンデムの内部
原子核実験室の歴史を説明していました
化学科の説明会は満席でした
真剣に説明を聞く高校生
大学院生から入試のアドバイスもありました
化学科のポスター展示
大学院生が丁寧に説明していました
今年も30℃を超える猛暑でした
今年は文系地区の会場も多く見られました
地球惑星科学科の説明会も大盛況です
パンフレットを片手に説明を聞いています
アンモナイトの化石を展示していました
蛍石が光っている様子がわかります
噴火のメカニズムについての実験です
水槽を使った模擬火山が噴火しました
パネルを使っての説明です
興味深そうに標本を観察しています
参加者を飽きさせない企画が多かったです
生物学科の説明会
研究室の見学です
線虫の様子を顕微鏡で観察しました
熱心に質問する高校生の方もいました
生物の標本を観察しています
数学科 川崎教授の折り紙講座の様子
楽しそうに折り紙を折っていました
一日中歩き疲れたのでそろそろ休憩です
今年も九州各地からの参加が目立ちました
ホーム > 理学研究院ニュース > 平成19年8月8日(水)