2006年8月4日(金)、昨年と同じような猛暑の中、平成18年度九州大学説明会が箱崎地区で行われました。
  理学部では、物理学科、化学科、地球惑星科学科、数学科、生物学科の5学科それぞれの主催で、学科紹介の講演会、ポスター展示、研究室・実験室見学、研究テーマの紹介講演などを行いました。会場が、理学部周辺と、工学部防音講義室周辺の2カ所に分かれていたため、暑い中の移動がたいへんでした。
  どの学科も、高校生たちにアピールすべく、工夫を凝らした企画を行っていました。多くの高校生が興味深そうに講演を聴き、大学院生たちから熱心に研究の解説を受けていました。
  ここで、説明会の様子を紹介します。
平成18年8月4日(金)
数学科の会場は文系キャンパス中講義室でした
数学科の説明会
 
生物学科の説明会
高校生達が続々と会場に集まります
物理学科の説明会
会場は物理の講義室です
研究を紹介する物理のポスター発表
手作りの模型で解説をします
 
今年も暑いオープンキャンパスでした
 
 
案内板で説明会場を探す高校生達
化学科の説明会
大勢が詰めかけ、満席でした
地球惑星科学科の説明会
こちらも盛況です
説明会の隣では展示が行われています
学生たちが各研究室の紹介をします
 
大がかりな公開実験も行われました
 
地球の模型とともに宇宙を語ります
ぜひ地球惑星へ!
体を使って、回転の実験です
熱心に解説が続きます
手作り回転水槽の実験です
工夫を凝らした実験の展示が光りました
 
 
猛烈な暑さに、木陰でひとやすみ
次の会場へ向かいます
物理ではテーマ別に講演会が行われました
化学のポスター発表
熱心に研究を語ります
 
 
研究室では実験室公開を行っていました
参加した高校生も興味深そうです
様々な実験器具
 
 
理学部本館前の道
オープンキャンパスも後半を迎えています
 
生物の実験室公開です
研究の内容を解説します
顕微鏡でネズミの脳を見ました
極低温の実験室では、
液体窒素を体験しました
ホーム > 理学研究院ニュース > 平成18年8月4日(金)