理学研究院の紹介

ホーム > 理学研究院・理学府・理学部の紹介 > 理念

理念
 「理学」すなわち基礎自然科学は、自然界にひそむ普遍的真理を探究し、自然哲学の基盤を構築することを目的とし、人類の自然に対する純粋で飽くなき知的好奇心をその原動力とする最高レベルの知的活動の1つである。
 わが理学部/理学府/理学研究院の理念・目的は、まさにこの「理学」の理念そのものである。
理学部/理学府/理学研究院のめざすものは
「物質とは何か?」「宇宙とは何か?」「生命とは何か?」
等々の人類の古代からの素朴な疑問に端を発し、 汲み尽くすことのできない自然の様々な謎へ実験的研究と理論的考察の両面から挑戦し、我が国、ひいては世界の自然科学文化の建設に寄与し、これにより社会に柔軟な発想の展開と幅広い応用の萌芽を促し、人類の知的共有財産を構築することである。
 そのために、理学部/理学府/理学研究院では、既存の概念にとらわれない自由な発想、自由な思惟・思考、独創的な実験的ならびに理論的方法論で、次世代の先端的理学研究を担う卓越した若手研究者、および自然科学の関係する諸分野で社会に貢献する専門家を育成することを目的として、高度の理学専門教育を行う。また、理学部/理学府/理学研究院は、九州大学数理学府/数理学研究院、システム情報科学府の情報理学専攻、およびシステム生命科学府と連携することによって、理学専門教育の拠点を確立する。

▲ トップにもどる

※掲載されている内容の無断転載を禁じます。