理学研究院の紹介

ホーム > 理学研究院・理学府・理学部の紹介 > 理学府の教育研究上の目的・アドミッションポリシー

理学府の教育研究上の目的
理学府の教育研究上の目的
 理学は、自然界に存在する真理を明らかにして、体系的に説明する普遍的法則を構築する学問である。本学府は、教育研究を通じて自然の法則および理学の理念・方法を教授し、国際的な場で活躍できる広い視野を持った先端的研究者、高度な能力と学識を備え社会の広い分野で活躍する高度な専門家を養成する。
理学府のアドミッションポリシー
 ・本学府の教育を受けるための基礎学力をもつこと
 ・自然科学に対する強い興味と本質への高い追求意欲を持つこと
 ・新しい創造と開拓の意欲に富むこと
 ・主体的勉学と自己啓発に積極的であること
 ・自然科学を基礎とした研究者や高度職業人を目指すこと
各専攻等の教育研究上の目的およびアドミッションポリシー
物理学専攻
 微視的極限から巨視的極限に至る自然界の様々な階層における特徴的な法則や共通の原理を理解し究明することを目指して教育研究を行い、時空や物質の究極の姿や普遍的法則を追究する独創的能力を備えた研究者、確かな教育能力を備えた教育者、学術的素養を備えて様々な課題に柔軟に対処できる高度な専門家を養成する。
→物理学専攻のアドミッションポリシー
化学専攻
 物質の構造、構造形成原理、物質変換や分子認識、機能発現などについて、分子論・量子論・エネルギー論に基礎をおいた教育研究を行い、独創的研究能力を有する化学の研究者、確かな教育能力を備えた教育者、学術的素養を備え産業の分野で活躍できる高度な専門家を養成する。
→化学専攻のアドミッションポリシー
地球惑星科学専攻
 きわめて複雑なシステムである地球惑星の起源・進化から、現状・未来にわたる広い時間スケールの現象を対象として教育研究を行い、独創的能力を有する研究者、確かな教育能力を備えた教育者、社会全般の中で生じる様々な問題解決を図る能力をもった高度な専門家を養成する。
→地球惑星科学専攻のアドミッションポリシー

▲ トップにもどる

※掲載されている内容の無断転載を禁じます。