公募情報

ホーム > 公募情報 > 理学研究院教員(テニュアトラック制)公募

九州大学大学院理学研究院
教員(テニュアトラック制) 公募要領
平成24年7月13日
九州大学大学院理学研究院長
荒殿 誠
 九州大学大学院理学研究院では、「九州大学方式テニュアトラック制」(以下「テニュアトラック制」という)の実施にあたり、別紙のとおりテニュアトラック制で雇用する教員(以下、教員(テニュアトラック制))を募集いたします。

 テニュアトラック制は、公正で透明性の高い審査で選抜された優秀な若手研究者が、任期付の雇用形態で自立した研究者として経験を積み、審査を経て安定的な職に就くことができる仕組みを普及・定着させることにより、優れた若手研究者の育成に寄与し、もって本学の研究活動の活性化を図ることを目的としております。

 本制度では教員(テニュアトラック制)の所属を九州大学高等研究院*1とし、当該制度の実際の運用と研究はテニュアトラック期間終了後に採用予定の理学研究院で行い、教員(テニュアトラック制)に対しては本研究院において、自立して研究に専念できる環境が配慮されます。

 また、テニュアトラック期間最終年度(5年度目*2)までに理学研究院で審査を受け、研究業績等が優秀と認められれば、通常教員として理学研究院に配属されることとなります。

 なお、九州大学全体の公募情報は以下のウェブサイトをご参照下さい。
  http://www.kyushu-u.ac.jp/university/office/kikaku-bu/kenkyusenryakuka/tt/collection/

*1 ノーベル賞級の極めて高い研究業績を持つ研究者と次世代を担う優れた若手研究者(テニュアトラック制教員)が部局を超えて集い、高度な研究活動を展開する全学的な組織である。

*2 業績等が極めて優れている場合、資格審査および通常教員への採用を前倒しする可能性がある。
1.募集人数 助教(テニュアトラック制) 1名
2.所属 大学院理学研究院生物科学部門
3.専門分野 生物科学部門・統合生物学講座・自然免疫学分野
(モデル動物を用いた自然免疫の分子機構に関わる研究を個体レベルで推進できる者)

詳細は次のサイトを参照。
http://www.sci.kyushu-u.ac.jp/

4.応募資格 博士号取得後10年以内又は同等程度の研究経歴を有すること。
詳細は九州大学全体の公募情報を参照下さい。
5.採用予定日 平成24年度内(平成25年3月31日まで)のできるだけ早い時期
6.待遇・研究費 九州大学全体の公募情報を参照のこと
7.提出書類
(1) 履歴書(写真貼付、メールアドレス・電話番号必須)
(2) 業績目録(競争的資金取得状況、受賞歴等を含む)
(3) 学術論文の別刷(主要なもの5編(各2部)以内、コピー可)
(4) 現在までの研究教育の概要(A4用紙1〜2枚程度)
(5) 着任後の研究教育の抱負(A4用紙1〜2枚程度)
(6) 推薦書(2通以内)、又は応募者の研究内容等につき照会が可能な方2名の氏名、職名、連絡先
(7) 上述(1)〜(6)の電子ファイル(PDFかWORD形式)を保存したCD-RあるいはDVD-R
8.本公募に関する照会・連絡先 制度全般、理学研究院に関すること:
大学院理学研究院長 荒殿 誠
 TEL:092-642-2600
 e-mail:

研究分野、生物科学部門に関すること:
生物科学部門長 島崎 研一郎
 TEL: 092-642-3894
 e-mail:
9.書類送付先 〒812-8581 福岡市東区箱崎6-10-1
九州大学 理学部等事務部研究戦略係宛

*「TT教員応募書類」と封筒に朱書の上、必ず郵便書留にて送付のこと

応募締切:平成24年9月14日(金) 17:00必着
10.審査方法等 教員(テニュアトラック制)採用の審査
 理学研究院委員・外部有識者・高等研究院教員等により構成される理学研究院テニュアトラック制教員審査委員会により、最終候補者を決定する。審査にはプレゼンテーション及び質疑応答などの面接審査を含む。

テニュアトラック期間終了後の教員採用の審査
 教員(テニュアトラック制)期間中に(1)国際学術誌に世界にインパクトを与える論文を発表したか、(2)国際学会や国際共同研究などで活躍したか、(3)大学院生・学部生の教育・研究指導状況は満足すべきものかなどの実績をまず審査し、さらに(4)研究者としての能力、(5)教育者としての能力、(6)管理運営に関する能力などの研究教育教員に必要な能力の評価を加えて、総合的な審査を行う。
11.その他
(1) 理学研究院の若手研究者の育成計画(責任体制、研究場所・設備提供計画、研究環境・エフォート率への配慮、学生の教育研究指導など)に基づいた支援を行う。
詳細は上記の各部門の照会・連絡先に問い合わせること。
(2) 応募書類は返却しない。
(3) 面接審査の交通費は原則自己負担とする。

▲ トップにもどる

※掲載されている内容の無断転載を禁じます。