HOME > 学科・専攻 > 化学科 > 学部教育について

学部教育について(アドミッションポリシー)

教育理念

 自然界は多様な物質群と物質の集団系から成り立っています。理学における化学は、これらの自然界に潜む普遍的真理を、分子論や電子論さらに集団系の理論に基づいて探究するものです。この理念に沿って、物質群および物質の集団系の構造、構造形成原理、物質変換や分子認識、機能発現などを探究し理解していく上で必要な基礎知識が身につくように導きます。21世紀の人類社会に積極的に貢献する目的意識と倫理観を持った学術研究、産業界を担う研究者、教育界のリーダーなどの養成を目指しています。

教育プログラム

教育課程の特色・内容

 1年生は、基幹教育科目を中心に履修することにより、化学を深く学ぶために必要な数学、物理や外国語などの基礎学力を養うとともに、俯瞰力をもつために必要な一般教養を身につけ、人間としての視野を広げます。また、専攻教育科目として1年次から無機化学や有機化学の講義が始まります。

 2年生からは、化学を中心とした専攻教育科目の履修が本格的に始まります。具体的には、3年生後期までの2年間に、午前中は無機化学、有機化学、物理化学、量子化学、分析化学、生物化学の講義を、午後は学生実験を中心に履修します。これらの講義や実習では、無機化合物、有機化合物、高分子化合物、生体物質など、広範囲の物質群を取り扱い、それらの構造と性質、ならびに反応と合成について学びます。これにより、化学の観点から自然界の摂理を究明するだけでなく、社会が求める環境やエネルギー問題に対応できる基礎知識の習得をめざします。これらの専攻教育と並行して、外国語や自分が勉強したいいくつかの基幹教育科目を履修し、教養をさらに高めることができるように配慮してあります。

 3年生後期終了時に所定の化学実験(すべて必修)と専攻教育科目(すべて選択)の単位を修得したら、4年次に化学科が関係する研究室の一つに所属し、卒業研究(化学特別研究)を行います。本化学科には幅広い分野の研究室があり、自分が興味ある分野(研究室)でマンツーマンの研究指導を受けることになります。研究室配属の目的は、国際的に通用する最先端の研究にふれ、その分野の専門知識を体得することにあります。また、学術論文の読解力、研究成果の説明能力や発表能力を育むことも目的の一つです。一方、自然科学一般の原理や現象に対する理解力・洞察力を養うことにも力点がおかれています。4年次を終了すると、さらに研究能力を高めるため、大部分の学生が大学院に進学します。

教育指導体制

 基幹教育科目については、九州大学に所属する各専門の教員が担当します。化学科の専攻教育科目については、大学院理学研究院化学部門に所属する教員が担当します。講義科目は教授・准教授が担当します。実験については担当する研究室の全教員で対応、助教とティーチングアシスタントとしての大学院生がほぼマンツーマンで教育にあたるとともに、准教授・教授が適時サポートします。学問の性質上、化学実験には危険が伴いますが、安全教育には最大の注意を払っています。

 研究室配属後は、教授・准教授・助教がマンツーマンで研究指導に当たります。また、所属の大学院生が先輩として良き相談相手となり、研究室全体で研究活動を行っています。

求める学生像(求める能力、適性等)

 化学科では、将来、化学研究者、高度な化学の専門知識をもつ技術者になろうとする意欲ある入学者を選抜します。また、高度な化学知識や思考を生かせる職業に携わり、日本の中核的、指導的役割を担うことを目指す入学者を選抜します。このために、十分な基礎学力を持つばかりでなく、化学の勉学に熱意をもつ創造性豊かな入学者を選抜します。現代の化学は、物理学、生物学、地学、数学など他の多くの学問領域に支えられるとともに影響を与えています。化学を学び、深く理解するためには、これら関連する学問領域を広く理解することが必要です。大学の授業の堅固な基礎となる高等学校での幅広い学習を望みます。

入学者選抜の基本方針(入学要件、選抜方式、選抜基準等)

 一般入試の前期日程の試験では、理科、数学といった自然科学科目、および、語学を中心に広い基礎知識を有する入学者を選抜します。これに加え一般入試の後期日程の試験では、化学を中心に高い論理的思考能力をもつ入学者を選抜します。アドミッション・オフィス入試では、自然に対する旺盛な探究心と自然科学の素養をもつ入学者を、適性ならびに論理的思考能力などを評価する面接等を通して選抜します。

  • 最終更新日:2015年12月14日