HOME > 学科・専攻 > 生物学科 > 学部教育について

学部教育について(アドミッションポリシー)

教育理念 (教育理念・教育目標、育成する人材像等)

 生物学は多様な生命現象を、生体を構成する分子のレベル、個々の細胞や個体のレベル、生物の集団のレベルで解明しようとする学問研究分野です。生物学の研究は、ワトソンとクリックにより1953年にDNAの構造が明らかにされたことを転機に、飛躍的に進展しています。現在では、いわゆる、分子遺伝学はさまざまな生命現象の基礎となると同時に、その研究過程で開発された研究方法は生命現象の解析の有カな手段になりました。1個の受精卵が分裂を繰り返し、体の正確な場所に手足・眼・脳・内臓を形造る過程は神秘的にさえ思えるものでしたが、この発生現象も最近の遺伝子レベル、細胞レベルの研究で徐々に明らかになりつつあります。さらに、動植物の集団が形成している社会のしくみや働きも、ゲノム生物学の手法、数理モデル等の導入で研究分野が大きく拡大しています。旧来の生物学には応用科学的な側面は限られていましたが、近年の生物学はクロ一ン技術に代表される新たなバイオテクノロジーの進展、生物の多様性と地球規模の環境問題などを通して社会や産業と密接に関わるようになりました。

生物多様性保存ゾーンでの実習風景

 生物学科では、基礎生物学の研究者を養成するだけでなく、将来、高度な生物科学の知識や思考を生かせる職業に携わり、中核的、指導的な役割を担うことができる人材の養成、さらには他の学問との境界領域や学際的分野での研究、医療、公衆衛生、食料生産、エネルギー資源開発、生物多様性の保全、環境修復などの応用分野で活躍できる人材の養成も目指しています。

教育プログラム

教育課程の特色・内容

 生物学科は生物学の幅広い領域をカバーする13の研究室を擁し、学問分野の急速な進展に対応できる教育・研究システムを確立させています。各研究室の主な教育・研究内容は次の通りです。

動物生理学研究室
昆虫の行動と脳神経系の生理学的、遺伝学的研究
染色体機能学研究室
真核生物の染色体複製、機能発現
発生生物学研究室
初期胚発生、細胞周期、形態形成、糖鎖生物学
植物生理学研究室
植物の環境適応の分子機構
生態科学研究室
動植物の生態・進化・保全
分子遺伝学研究室
行動、神経系での惰報処理、ホメオスタシスの分子機構
生体物理化学研究室
脳の構造と機能の分子機構
生体高分子学研究室
酵素やタンパク質分子のかたちと生理機能の相関
代謝生理学研究室
生体膜の構築原理の解明、細胞接着に関する細胞生物学
数理生物学研究室
生物の形づくりや進化、種の共存
細胞機能学研究室
植物の情報伝達機構、無脊椎動物の発生
進化遺伝学研究室
遺伝的多様性の維持機構、分子進化の機構
海洋生物学研究室
海産動物の個体群および群集生態学
伊都キャンパス モデル生物研究センター(理学部圃場内)

教育指導体制

第1パラグラフ

 入学後3年間は生物学科を基本とした学級に所属し、それぞれの関心、興味に応じた科目選択を取り入れた教育指導を受けます。最初の1年は主に伊都キャンパスで人文・社会・自然科学・外国語等の基礎科目を学びます。

第2パラグラフ

 3年生からは、志望に応じて「高次生命機能コース」と「生物多様性コース」の2つのコースに分かれ、最先端の研究を進めている教員が担当する専門性の高い科目を履修します。各学年にはそれぞれ学年担当の教員が配置され、学生の質問や相談に応じる体制となっています。最終学年(第4年次)では、各学生は、生物学科内のいずれかの研究室に配属となり、一年間を通してその研究室の一員としてマンツーマンの指導を受け、卒業研究や演習を行います。

卒業要件および成績評価

 基幹教育科目及び専攻教育科目から、それぞれ決められた単位数を修得することが必要です。このうち、最終学年で研究室配属後に履修する特別研究(卒業研究)と生物学演習が必修科目です。成績評価は科目によっていろいろですが、出席状況や最終試験、レポート、研究態度、研究成果等によって行われます。

求める学生像(求める能力、適性等)

 分子、細胞、個体、集団等のいろいろなレベルでの生命現象の仕組みを問題意識として明確にもつことができ、生物の勉学、研究に熱意をもつ創造性豊かな学生。特に自立した研究者をめざす意欲のあることを重視しています。本学科志望者には、高校において理系科目(数学、理科〔生物のほか、化学、物理〕)を学び、論理的思考力を身につけるようにすること、および自然科学の基礎知識を習得しておくことはもちろんのこと、文系科目(国語、英語、社会)も幅広く履修し、筋道の立った文章が書けることなどが望まれます。「アドミッション・オフィス入試」、「帰国子女・私費外国人留学生入試(4月入学)」においては、生物学科に関係する各種コンテストなどで活躍した実績も評価します。

入学者選抜の基本方針(入学要件、選抜方式、選抜基準等)

 生物学科ではいろいろなレベルでの生命現象の仕組みを問題意識として明確にもつことができる意欲ある入学者を選抜します。そのため、一般入試(前期、後期)のほかに、アドミッション・オフィス入試も行い、通常の試験とは違った基準で、面接などにより生命現象に深い関心を持ち、研究に熱意・意欲を持つユニークな学生を受け入れます。

  • 最終更新日:2015年12月15日