HOME > 理学部案内 > 附属・関連施設 > 中央元素分析所

中央元素分析所

元素分析装置 (ヤナコCHNコーダー MT-5型:左手前、MT-6型:右奥)

 中央元素分析所は、有機化合物中の主な構成元素である炭素、水素、窒素の含有率を測定するサービス機関であり、現在その分析値は様々な研究のデータとして利用されている。

 分析は2〜3mgの試料を用いて絶対誤差±0.3%以下の精度で行われるのが一般的だが、当所では長年にわたり分析精度の向上と試料の少量化に努め、1mg以下の試料でも高精度の分析値を出すことを大きな特色としている。分析の依頼は学内だけでなく他大学、民間企業等の研究者からも広く受け付けている。

電子天秤 (カーン社製 CAHN C-32)
電子天秤 (メトラー社製 XP2U)